ジャーナリスト Kei Nakajima

著書
特筆記事
プロフィール
My Photo Room
取材のおまけ日記
我的吃、食、eat

My Favorite Book
アジア便り
リンク
MAIL
HOME

 

特筆記事

2004年2月13日(金)
特筆記事
『ラブストーリー』
出演:
ソン・ジェジン、チョ・スンウほか (韓国映画)
★★
特筆記事

内容:女子大生ジヘ(ソン)が友人から演劇部の先輩へメールの代行を頼まれるが、実はジヘもその先輩へ思いを寄せていた。そんなある日、ジヘは母の旅行中に、母が大切にしていた箱から古い手紙を見つける。そこにはジヘと同じように悩む若き日の母の恋が綴られていた。

感想:「猟奇的な彼女」をとったクアック・ジェヨン監督作品なので、おおいに期待して観にいったが、残念ながら期待外れの作品だった。主演のソン・ジェジンも、チョ・スンウもすごく清楚でステキなのに、なぜこんなにつまらまい映画になってしまったのか。ストーリーは現代を生きる女子大生の恋愛と、母(一人二役)の恋愛が交差して描かれているのだが、どこがポイントなのかなかなか見えてこない。お涙頂戴の感傷ものかと思えば、そうでもなく、かといってさわやかな感じも全然しない。せめてもの救いは男優が韓国らしいきりっとしたハンサムだったことぐらいか。最近話題の韓国映画なので期待し過ぎていったせいか「こういう駄作もあるのだな」と感じた。


Kei's電影checkに戻る


Copyright(C) 2009 Kei NAKAJIMA. All rights reserved.