ジャーナリスト Kei Nakajima

著書
特筆記事
プロフィール
My Photo Room
取材のおまけ日記
我的吃、食、eat
Kei's電影check
My Favorite Book
アジア便り
リンク
MAIL
HOME

 

特筆記事

抜粋記事
特筆記事
2004年1月25日号
『Yomiuri Weekly』(読売新聞社発行)p.90〜91

求む!即戦力 大学に実践的「中国」カリキュラム続々
2004年1月25日号 Yomiuri Weekly

特筆記事

  躍進する中国に刺激されて、日本の大学も動き出した。「中国」や「アジア」をキーワードとしたカリキュラムが続々と登場しているのだ。新たな巨大市場で活躍できる人材を求める企業と、少子時代の生き残りに懸命の大学の思惑が一致したかたち。就職氷河期のただ中にあって、その就職内定率の高さは驚異的だ。学生よ、アジアを目指せー。   ジャーナリスト 中島恵

 「これまでにない画期的なプログラムですよ。中国留学中に企業でインターンシップを体験すれば、社会に出たときをイメージしやすいですから」

 亜細亜大学が今年4月に開設する「アジア夢カレッジーキャリア開発中国プログラムー」について、中国留学経験を持つ、ある企業の採用担当者は、こう評価する。この新しいカリキュラムが今、中国で働く人材の不足に悩む企業から熱い視線を浴びている。「アジア夢カレッジ」は、学部の垣根を越えて、書類や面接によって新入生の中から40人を選抜するという、全く新しい教育モデル。1年次で中国語やアジアについての基礎を学び、2年次に中国・大連外国語学院に留学する。留学中には、日系の協賛企業でインターンシップとして1ヵ月間、職場体験。つまり、学生は実際に中国の会社で働く。そして、帰国後の3、4年次にそのフォローアップを行うーという内容だ。インターンシップを中国で組織的に行うのは初めての試みで、学生選抜の面接にも企業の担当者が立ち会い、4年間を通して学生の相談にも乗る。これも異例のことだという。文系としては、過去に例のない「産学連携」のプログラムだ。

 また、愛知大学が1997年に創設した現代中国学部のカリキュラムも今、企業から注目されている。この大学は、戦前、上海に創立された東亜同文書院を前身としていて、中国教育ではもともと定評がある。昨年からは通訳・翻訳家を目指す学生のために「中国語インテンシブ」をスタートさせた。2003年の卒業生の内定率は男子が実に100%、女子98%と全国平均を大きく上回っている。同大でも今 後、インターンシップを実施する計画があるという。このほかにも、大学名や学部名に「アジア」を冠した「立命舘アジア太平洋大学」や「国士館大学21世紀アジア学部」など、アジアを売りにした新しいプログラムが続々登場している。

 今や、中国に進出した日系企業は空前の3000社に上るという時代。大メーカーばかりでなく、下請けの中小企業も出ざるを得ないといった状況だ。営業マンや生産管理担当者など、人手はいくらあっても足りない。社員を中国語学校に通わせたり、中国への留学生を現地採用したりして、何とかやりくりしているのが実情なのだ。前述した亜細亜大、愛知大に共通しているのは、いわゆる「中国語学科」と違って、ビジネス社会で「使える」人材の育成を強く意識している点だ。両校とも在学中にビジネスマンと接触する機会を設け、中国で働く人々を学生たちに“見せる”工夫をしている。例えば、亜細亜大の「アジア夢カレッジ」には、協賛企業として伊藤忠商事、東芝などが名を連ねている。企業の内部に身を置いてみることで、自分の力を推し量ることができる。

 亜細亜大の鯉渕信一氏は、企業との接点をつくることについて、「今の学生は何をするにもリアリティーが持てないでいます。教育現場に、もっと企業の声を生かすことが必要。学生に具体的な自分の将来像を描かせ、夢のタネを植え付けたい」。生まれたときからゲームやパソコンがあり、バーチャルな世界で育った大学生たち。満ち足りた生活の中で、「仕事への現実的な夢を持て」というのは、簡単なようで難しい。2年生で留学させるのも、学生に早く刺激を与え、能動的に就職活動に臨ませる「仕掛けづくり」のためだという。

 これまでも、アジアブームに乗って、アジアや中国への留学を目玉に据えた大学はあった。だが、企業の採用担当者は、「中国語ができるだけでは日中の懸け橋にはなれない。留学しても、現地では日本人同士、固まっているだけですから。当たり前ですが、自分の足で中国の町を歩き、中国人とコミュニケーションをとる経験がとても重要」と話す。そのために「留学中は中国人と同室で生活させたり、中国人がいる企業で働かせる大学の試みには価値がある」(担当者)。

 (中略)どんな業種のビジネスであれ、中国を抜きには仕事ができなくなってきている。企業にとっては、こうした人材の育成は、もはや大学まかせにしていられない、ということだろう。かたや大学側も、02年度の入試で、実に3割の私立大学が定員割れし、私大の「倒産」も現実のものとなってきている。今後、さらに少子化が進み、経営難に苦しむ大学が続出するのは目に見えているだけに、いかに特色を打ち出し、企業や学生にアピールしていけるかが死活問題だ。そんな大学にとって、「アジア」や「中国」は、ますます避けられないキーワードになるに違いない。


特筆記事に戻る


Copyright(C) 2009 Kei NAKAJIMA. All rights reserved.